特性によるステータスの上限の検証と対戦での活用場面